東進なら大丈夫!
飛躍の夏にするために学習時間を確保しよう

高3生が受験勉強に使える時間はあとどのくらいなのだろうか。18年度入試のスタートとなる大学入試センター試験(2018年1月13日・14日)まで4月1日から数えてあと288日。この日数を、難関大現役合格者と同じように、毎日6.5時間勉強すれば、センター試験まで1859時間勉強できる。多くの学校で授業がない夏の50日間(定期テスト終了後の7月中旬から夏休みが終わる8月末日まで)、1日平均12時間勉強すると、夏に600時間(12時間×50日)勉強できることになる。このような勉強の仕方をできることが、夏は「受験の天王山」と呼ばれる所以だ。

ムダ時間見直し&細切れ時間有効活用術

これまでの分析により、難関大現役合格には、早期スタートと学習量が必要であることを説明した。次は、どうやって時間を作り出していくかが大切だ。ここでは、毎日のわずかな時間をムダにしないための工夫を紹介しよう。
これから入試本番までの長期計画を立て、夏までに何をすべきか具体的な計画を練る前に、現在の学習習慣を見直そう。下の表を使い、隠れたムダ時間がないか確認してみよう。5つ以上「YES」が当てはまったら、時間を作り出すチャンスをみつけたということだ。「他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えることができる」※という言葉があるように、今からそのポイントを改善しよう!また「時間有効活用術」を参考に、効率的な時間の使い方を身につけてほしい。※カナダ出身の精神科医である エリック・バーンの言葉。

東進なら解決できます!

1分1秒も無駄にしない!
スキマ時間も徹底活用できます

東進の学習システムなら、時間を無駄にしません。一人ひとりの予定に合わせて、授業時間を設定。例えば、部活のない日にまとめて受講したり、家のパソコンからも授業が受けられます。さらに、「高速基礎マスター講座」で高校の休み時間や毎日の通学時間が、勉強タイムに早変わり! 携帯電話やスマートフォンで英単語の暗記や整序英作文、計算トレーニング。スキマ時間を徹底活用できます。

東進なら大丈夫!
部活で培った力を生かす、学習システム

もちろん、早期に学習をスタートした人に追いつくには、並々ならぬ努力と覚悟が必要です。しかし、部活で得た『精神力』や『体力』そして『集中力』を生かし、「一気呵成に駆け上がる」学習を進めれば、学力は大きく伸びていきます。やる気があればどんどん先に進める東進の学習システムを、「部活生特別招待講習」で体験してください。

将来、逞たくましく生き抜く力も鍛える

高い目標を持ち、努力を続けることが成果を引き寄せる――これは、部活も受験勉強も同じです。そして将来、逞たくましく生き抜く力にもつながります。部活を最後までやり抜く高3生は、「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」=未来のリーダーとして、大きな可能性を秘めています。頑張る高3部活生を、東進は応援します。

高3部活生の君へ 実力講師陣から特別メッセージ!
東進なら解決できます!

勉強に集中できる「環境」が大事!
まずは学習を“習慣化”しよう

部活では集中力が自慢だったのに、勉強になかなか集中できない…。部活から勉強への切り替えに悩む受験生も少なくありません。学習計画や勉強方法を試行錯誤しているうちに、時間はどんどん過ぎてしまいます。今すぐに「やるべきこと」を明確にして、学習を”習慣化”していきましょう。例えば東進では、毎回の授業後に「確認テスト」があるから、復習の習慣が自然に身につきます。また、競い合い高め合うライバルの存在や、相談できる担任の先生、やる気を高めるイベントやホームルーム……勉強に集中できる「環境」が、東進にはあります。

東進の合格システム

短期間で知識を確実に君のものにする

高速学習

東進の約1万種類ある授業のすべてをt-POD※により映像配信しているので、個別に受講でき、
一人ひとりのレベル・目標に合わせた最適な学習が可能です。さらに、自宅受講や1.5倍のスピード再生が可能なので、時間を最大限に有効活用することができます。
※toshin-PreparatoryschoolOnDemandの略。 単に映像授業を受講できるというだけでなく、合格するために必要な東進の全コンテンツ(授業・確認テスト・講座修了判定テスト・高速基礎マスター講座など)を活用できる最先端の教育システム。

基礎学習を習慣化する

高速基礎マスター講座

高速基礎マスター講座は効率的に短期間で基礎学力を徹底的に身につけるための講座です。大きく分けると、「高速暗記講座」と「高速トレーニング講座」の2つがあり、単元別・分野別にひとつずつ完成させていくことができます。また、自宅のパソコンやスマートフォンで学習することも可能です。

最強の講師陣が君を合格に導く

実力講師陣

東進の講師は、日本全国から選りすぐられた大学受験のプロフェッショナル。人気参考書の執筆者をはじめ、何万人もの受験生を志望校合格へ導いてきたエキスパートたちです。つまずきやすいポイントやその攻略法を熟知しているので、授業のわかりやすさは折り紙つき。「なぜ、そうなるのか」「どう考えればよいのか」にこだわる授業は、本物の思考力を養います。

モチベーションを高め、持続させる

担任指導

東進では、担任による合格指導面談で、最適な学習方法をともに考えます。さらに担任助手が中心となり日々の学習状況の確認をしていきます。「熱誠指導」で、生徒一人ひとりのモチベーションを高め維持するとともに、志望校合格までリードする存在、それが東進の「担任」です。